2012年3月16日金曜日

No. 57 アジアンカレー

カレー粉ができたら
やっぱりアジアンカレーでしょう。


基本はノンオイルでできるし
時間もかからないので
作りやすいです。

ベースのルーがたくさんできるので
食べる時に食べたい量だけ
いろいろな種類の味と具材で
楽しめます。


ナンとの愛称抜群です。


<材料> 10皿分くらい

【ベースのルー】
にんじん 中1本(正味約100g)
たまねぎ 小2コ(正味約150g)

トマト水煮缶詰 400g(固形240g)

コンソメ顆粒 小さじ4(キューブ2コ分)
カレー粉 大さじ2

好みで 塩・こしょう

【味つけ】
※それぞれ、ベースのルー全量に対する分量です。

① フルーティ=りんご100%ジュース 200ml
   (あまくしたい時は はちみつも加えて)

② 東南アジア風=ココナッツミルク缶 小1本(165ml)

③ インド風=ヨーグルト 100ml

④ まろやか=牛乳または豆乳 100ml

【具】

肉類・魚介類・野菜・きのこ・豆類など


<作り方>

※ 1~2について
  私は野菜のつぶつぶ感が好きなので、
  この作り方ですが、
  とろとろにしたい時は、
  にんじんとたまねぎをすりおろすか
  圧力鍋で煮込んでもできます。


1 にんじんとたまねぎを細切れにして
  ふたかラップをして
  500Wのレンジで5分加熱します。












2 トマト缶をあわせて軽くまぜ


  
 フードプロセッサーにかけ、ペースト状にして


  なべに入れます。




3 コンソメ・カレー粉を加え
  好みで塩・こしょうをし
  【味付け】の材料を加えてまぜます。

  中火にかけ、沸騰したら弱火にし
  ときどきまぜながら約10分煮込みます。




※ この状態で小分けして冷凍しておくと便利です。


4 煮込んでいる間に具材を準備します。

  好みの具材をレンジで加熱し
  出てきた水分と一緒に
  ルーに加えてまぜ
  ひと煮立ちさせたら完成です。





おすすめは

チキンカレー=ココナッツミルク+チキン
きのこカレー=ココナッツミルク+きのこ類
豆カレー=ヨーグルト+豆(缶詰など)
なすとほうれん草のカレー=ヨーグルト+なす・ほうれん草

で、食べる時は
チキンカレーとフルーティカレーの2種類など。

いろいろ組み合わせると楽しいです。


 ↓ 左はチキンカレー、
  右はフルーティにパセリをちらしたものです。







0 件のコメント:

コメントを投稿