2012年9月29日土曜日

No. 81 蒸しパン いろいろ















どうにも忙しくて
ゆっくりお菓子を作る
時間はないけれど
それでも
ふわふわのスポンジが
どうしても食べたい!
という時に活躍するのが
蒸しパン。

作り始めて
約10分後には
もう食べていたりする
魔法の?レシピ。

レンジ蒸しなので
ふわふわ⇔しっとりの
微調整はお好みで。
後の説明を参考にして下さい。

デコレーションすれば
りっぱなケーキにもなります。

<基本の材料>プレーン 360ml容器1個分、290kcal

        薄力粉 40g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
         さとう 15g
        たまご 1個


<作り方>
1 蒸しパンを作る容器よりも
  
  ひとまわり大きいレンジ対応容器に
  お湯を用意します。

  私は300mlくらいの水を
  レンジで3分加熱します。
  その間に材料を合わせるという
  時短技です。

  小鍋で沸かしても
  ポットのお湯でもOKayです。
  その場合は冷めないように  
  
  ふたをしておくと良いです。

2 レンジ対応容器(300~360ml)に
  薄力粉、ベーキングパウダー、さとうを入れ
  はしでぐるぐる混ぜます。
  (ふるいのかわりです。)
  
  

  丁寧にしたい場合はきちんとふるっても。



3 たまごを容器の端の方に入れて
  (丁寧にしたい場合は別の器できちんと溶いても。)  
  よく溶いてから、はしで粉類をくずしながら混ぜます。

  混ぜすぎると粘りが出るので
  粉っぽさが消えたらすぐストップ。



4 お湯の入った容器に
  レンジ用の蒸し皿か
  陶器の器を置いて

  (お湯が生地の容器の底に
  つかないようにすればOKayです。)

  その上に
  生地の入った容器をのせ
  ふたをします。





5 お湯に気をつけて
  レンジ500Wで
  1分40秒~2分加熱します。
  竹串をさして
  液状の生地が
  ついてこなければ完成です。



※注意※
  
 
  
  レンジのくせや
  お湯の温度
  容器の厚さによって
  仕上がりが異なります。

 
  
  
  レンジ加熱なので
  水分が飛びやすく
  乾燥しやすいので
  切り分ける場合は
  粗熱が取れてから。

  しっとりさせたい場合は、蒸し上がり後
  蒸しパンが入ったまま容器ごと逆さにひっくり返すか
  
  蒸しパンを取り出してラップでぴっちりくるんで
  しばらく置き、粗熱をとります。

ふわふわです♪




≪バリエーション≫

① ヨーグルト蒸しパン

<作りやすい分量>550ml容器1個分

薄力粉 80g
ベーキングパウダー 小さじ1
さとう 30g
たまご 1個
ヨーグルト 60g

<作り方>
1 お湯を用意します。
2 薄力粉、ベーキングパウダー、さとうを
  合わせてよく混ぜます。
3 別の容器にたまごとヨーグルトを入れて
  よく混ぜます。
4 粉類の容器に
  たまごとヨーグルトのミックスを入れて
  はしで混ぜます。
  粉っぽさが消えたらすぐストップ。

5 レンジ蒸しの用意をして
  レンジ500Wで3~4分加熱します。



② ジャム入り蒸しパン

プレーンの生地を作り、
容器に入れた後
好みのジャムを大さじ1~2落とし入れます。
好みでぐるりとひと混ぜしてマーブルにしても。
全部よくまぜたらほんのりジャムの味になります。
プレーンと同様に加熱します。


③ レーズン蒸しパン

プレーンの生地を作り
粉類とたまごを混ぜ始める前に
レーズンを大さじ1~2加えて
全体を混ぜ、加熱します。


④ ココア蒸しパン

プレーン生地の薄力粉40gを
薄力粉30g+ミルクココア10gにして
同様に作ります。


⑤ コーヒー蒸しパン

プレーン生地の材料の水に
インスタントコーヒー大さじ1と
スキムミルク大さじ1を加えてよく溶き
同様に作ります。





その他
あん・かぼちゃ・さつまいも・
くり・カスタードなどを入れたりして
お好みのアレンジを
楽しんで下さい。



  

  



0 件のコメント:

コメントを投稿