2014年3月24日月曜日

No. 115 照り焼きチキン & ぶりの照り焼き



照り焼きチキン














ぶりの照り焼き



てりてりの照り焼き。
つやつやの
甘辛しょうゆに
つつまれて
おいしそう。

照り焼きって
聞いただけで
惹かれる
日本の食を代表する
味付けですよね。

さっぱりだけどしっかり味。
その味の秘密は
はちみつ。

はちみつの
やさしい甘さと
しっとり感が
チキンやぶりにからんで
おいしくなるのです。



私はチキンの皮を取り除きますが
皮が好きな人は
皮目から焼いて下さい。

ぶりの切り身は
幅の広い方を左にして盛り付けるので
まずは
幅の広い方が右に来るようにして
焼きます。

ここでは
「照り焼き」なので焼きますが
油を控えたい場合は
照り煮にしても
おいしいです。






<材料>

好みのとり肉またはぶりの切り身 100g

サラダオイル 小さじ1~2

しょうゆ 大さじ1
はちみつ 大さじ1



【照り焼きチキン】
<作り方>

①とり肉を好きな大きさに切ります。

 今回は、2cmくらいのそぎ切りにしました。





②フライパンか鍋を強めの中火にかけて、サラダオイルを入れ、馴染ませてから、とり肉を並べ、ふたをして、好みの焼き色がつくまで、焼きます。片面が焼けたら、弱めの中火にして、もう片面を焼きます。









  とり肉は火が通りにくいので、ふたをして少し蒸し焼きにするようにすると良いです。
  また、加熱しすぎると、ぱさぱさになるので、注意。




③焼いている間に、照り焼きソースの材料(しょうゆ、はちみつ)をよく混ぜ合わせておきます。 





④とり肉が焼けたら、そこへ照り焼きソースをまわし入れ、ソースが沸騰したら火をとめ、とり肉を返しながら、両面にソースをからめます。





⑤お皿に取り出し、鍋に残ったソースをかけて出来上がり♪
 

 

 







【ぶりの照り焼き】
<作り方>

①ぶりは、洗ってキッチンペーパーなどで水分を取ります。

※魚の臭みを取りたい場合は、たっぷりのお湯にくぐらせてから、水でやさしく洗います。
※新鮮なものほど、臭みは少ないです。

②フライパンまたは鍋を熱して油を入れてなじませ、ぶりの切り身を並べ、中火で焼きます。

※盛り付けた時、上に来る面から焼きます。
※お魚は、幅の広い方を左にして盛り付けるので、まずは、幅の広い方が右に来るようにしてフライパンに入れて焼きます。


③焼いている間に照り焼きソースを作り、ぶりに火が通ったら、ソースを入れ、両面にからめながら煮詰めて完成です。

















0 件のコメント:

コメントを投稿