2014年4月8日火曜日

N0.117 豆腐ハンバーグ

 

 
 


ふわふわのやわらかお豆腐ハンバーグ。


お豆腐って良いですよね。

冷やっこが一番好き。
ねぎとしょうがとかつおぶしを
トッピングして
おしょうゆをかけるだけ。
とってもシンプルなのに
とってもおいしい。

冬は
レンジでチンして
あたためて食べたり
湯豆腐にしたり。

でも
それだけではないのが
現代のお豆腐。

ハンバーグやグラタン
お菓子やパンに。
お豆腐って本当に優れもの。

淡泊でやさしい味わいのお豆腐を
いろんな食べ方で楽しめるなんて。

お豆腐大好きの私には
嬉しい限り。

いやー
こういう食べ方を思いついた人達
本当にすごいです。
ありがとうって言いたい。

もはや定番だから
めずらしくないけど
私は
水切りなしの
簡単にできる作り方で。
(ずぼらとも言う)

おうちで作るものだから
気合いをいれなくても大丈夫。
気軽に作って
おいしく食べましょ♪


お財布に優しい
袋豆腐やパック豆腐など
充填豆腐を使用。

いつも安い時に買って
冷蔵庫の中に入っています。
いろいろな食べ方で消費しています。








<材料>直径約7cm×4コ

豆腐(充填または絹) 100g
たまねぎ(可食部のみ) 100g
パン粉(ドライ) 100g(冷凍食パンすりおろし可。)
たまご 1コ

サラダオイル 小さじ1~2

しょうゆ 大さじ1


※豆腐の水分によって、生地の固さが異なります。
生地がゆるくてまとまらない時は、パン粉を追加して下さい。




<作り方>

①たまねぎをみじん切りにして、レンジで加熱。

お皿に入れてラップを軽くかけ、500Wで2分くらい。
様子を見て焦げないように調節して下さい。
透き通った色になればOKay。

火が通ったら、お皿などにひろげて冷まします。


②冷凍食パンを使う場合は、すりおろし器でおろしてパン粉状にします。

③ボールに、豆腐、パン粉、たまねぎ、たまごを入れ、





はしでぐるぐると混ぜたら、手で2~3回ぎゅっと握るようにしてなじませます。
指の間から生地が出てくる時、圧縮されて、ねばりが出てきます。

※生地がゆるくてまとまらない時は、パン粉を加えて調節して下さい。
ただし、豆腐なので、どうしても手につきやすいですから、なんとか成形できるくらいの固さで大丈夫です。






④生地を好きな大きさに丸めます。
今回は、4つに分けました。




⑤フライパンか鍋を強めの中火にかけ、オイルを入れ、馴染ませてから、ハンバーグを入れます。
ハンバーグは、生地がやわらかいので、そっと持って下さい。


⑥ふたをして、焼き色がつくまで加熱。
さわらないのがコツ。
周囲が固まって弾力が出てくるのが、ひっくり返す目安。



⑦フライ返しでひっくり返し、火はそのままで(中火)、ふたをし、もう片面にも焼き色をつけます。









⑧焼けたら、しょうゆをまわしかけ、ひっくり返して、両面にしょうゆをからめて完成。
しょうゆがじゅわ~っと泡立っている間に、両面にからめます。




レシピNo. 112のしょうが風味ソースで。






※アレンジ

【野菜たっぷりハンバーグ】
上記の基本の材料に、お好きな野菜を100g追加。
野菜は、みじん切りにして、レンジで加熱してから、生地に混ぜ合わせます。
ミックスベジタブルでもおいしいです。




【ねぎたっぷりハンバーグ】
上記の基本の材料に、ねぎ(小口切り)を大さじ3~4追加。
ソースに追加してもおいしいです。








※普通のハンバーグは、レシピNo. 112にあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿