2014年4月30日水曜日

No. 127 てんぷら









春の味覚が
あちこちにあふれる
今日この頃。

旬のたけのことわかめを
頂いたので
てんぷらにしました。

てんぷらは
やっぱり
さっくりさくさくの衣が好き。

最初のひとつは
そのまま食べて
素材そのものの
味わいと香りを
頂きます。

次は
塩をちょっとつけて
ひきたつ味わいを
楽しんで。

そして
てんつゆとの
コラボレーションで
さっくり&しっとり食感と
だしのうまみをプラス。


うーん
てんぷらって
本当すごい。

さすが和食。

と、感激しながら
食べてます。

今日は
たけのことわかめだけど
他の野菜でも
とってもおいしいので
いろいろ
揚げて楽しんで。


なす・ピーマン・玉ねぎ





手前は、にんじん、いんげん
奥左は、しいたけ
奥右は、しそ入りの衣で、とり天。













さつまいも。
伝わると良いなあ。
この、ほくほく感。








<材料>

薄力粉 30g
ベーキングパウダー 小さじ1/3
水 50mL


お好きな野菜など


※衣は、1回分として作りやすい分量です。
 揚げる具材の量に応じて、増やして下さい。

※衣に、しそや青のりなどを混ぜてもおいしいです。



<作り方>

①揚げる具材を、食べやすい大きさに切ります。


②衣を作ります。
薄力粉とベーキングパウダーを合わせて、はしで軽く混ぜ合わせ、水を3回にわけて加えながら、だまが残る程度に、ざっくりと大きく混ぜます。
均一になる前にストップ。

この衣は、作ってからすぐに使います。時間をおくと、さっくりになりません。



③フライパンか鍋に油を深さ1cmほど入れ、170~190℃に熱します。

今回は、たけのことわかめなので、加熱時間は短くて良いので、190℃。

※根菜は、低めの温度で、加熱時間を長めにして揚げます。


※私は、油を節約していますが、てんぷら鍋でたっぷり油を使える場合は、多めの油で揚げた方がよりおいしくなります。


③衣に、具材を入れて、軽く混ぜてなじませ、




油の中に入れます。





片面が色づいたら、ひっくり返して、もう片面も加熱します。

わかめや千切り野菜は、衣がつなぎの役割をするので、お好みの大きさにして揚げます。

揚がったら、キッチンペーパーの上にとって、余分な油を取ります。



さっくさくの衣がおいしいてんぷらです。












更新 20160122


0 件のコメント:

コメントを投稿