2014年2月9日日曜日

No. 106 フレンチトースト





マーガリン、はちみつ、ブルーベリー、いちごジャム





マーガリンのみ


こんがり焼き色
ふんわりしっとり
たまごの黄色って
どうしてこんなに
幸せに見えるのかしら?

今日は
フレンチトースト。
私は
やわらかすぎない方が好き。
そして耳つきで
1枚まるごと焼くのが好き。

そして
味は大きくわけて2つ。

甘ーいのが食べたい時は
マーガリンにはちみつが定番。
さらにジャムやフルーツとか・・・
ホイップした生クリームなんてのせたら・・・
チョコレートまでかけたりして・・・
夢たっぷりのおやつです。

でも実は
シンプルで甘くないのもおすすめ。
さとうを控え目にして
マーガリンだけで頂くと
お食事用の味になります。


マーガリンの塩気が
なんとも言えないアクセント。




<材料>
食パン 1枚(5または6枚切り)
たまご 1コ
さとう 大さじ1/2(甘くする時は大さじ1~)
スキムミルク 大さじ1
水 50mL
バニラエッセンス 2ふりくらい
マーガリン 適量(焼く用とトッピング用)

※スキムミルク+水=牛乳50mLでも可。

※ふわふわにする場合は、牛乳のかわりに生クリームを使って。



<作り方>
①たまごをよく溶いて、さとう・スキムミルク・水・バニラエッセンスを加え、よく混ぜ、卵液を作ります。

②大きなお皿やバットに食パンを置き、食パンの上の面に卵液を全て、低い位置からゆっくり流しかけます。食パンの表面に卵液がたまっている状態で放置。まわりにある卵液と表面にある卵液が徐々に染み込み、ほぼなくなるまでそのままで。
※パンをさわらないで、おさえないで、つぶさないように。おいしくなるコツです。


※この表面の液がなくなるまで放置。


③卵液がほぼなくなったら、フライパン(卵焼き器でも)にマーガリンを入れて、弱めの中火にかけ、マーガリンが溶けたら、フライ返しで食パンを下からすくい(つぶさないように)、フライパンにのせます。
ふたをして、弱めの中火(焦げやすいので、強火はNG)で焼き色がつくまで焼きます。パンの耳とそのまわりが乾いてきたくらい。そっと耳を押してみて、動かず、フライパンにくっついた感じになっていたら、頃合いです。
フライ返しで、そっとはがすように全体を持ち上げ(崩れやすいので気を付けて。フライ返し全体を使って、パン全体を持ち上げます。)、ひっくり返して、もう片方の面も焼き色がつくまで焼きます。
※おさえたり動かしたりしないで。パンに触るのは、フライパンに入れる時、ひっくり返す時、取り出す時の3回だけ。あせらず、じっくり、楽しみに待ちましょう。

④好きなように盛り付け、好きなトッピングをのせて、頂きます♪

































更新 20140503