2015年12月20日日曜日

No.150 中華風蒸魚(清蒸)

↑鯛
 
↓ひらあじ
 
 
 
 
 
 
 

新鮮なお魚は
それだけで
ごちそう。

お魚コーナーで
片手サイズの
新鮮な白身魚を
見つけたら
必ず
作りたくなるのが
これ。

ものすごく簡単なのに
大満足のひと品♪

蒸すと
雑味が全部落ちて
お魚の純粋なおいしさが
味わえます。

ある意味
とてもぜいたくかも。

蒸している間に
他のおかずも作れて
忙しい時でも
ラクラクです。

普段使いの
メニューとしては
シンプルに
酢醤油で
頂くのが一番。


フェンネル(茴香(ウイキョウ))があれば
更においしくなります。
生のフェンネルは
なかなか手に入らないので
スパイスコーナーに置いてある
ホールタイプがお勧めです。




お魚は
タイやイトヨリなど
白身のものを。
イトヨリは
身が柔らかく
蒸すとふわっとして
本当においしいですが
小骨が多いので
慣れている人向け。

連子鯛は
適度に身がしまって
小骨も少ないので
扱いやすいと思います。



<材料>
新鮮な白身魚 1尾(今回はタイ)
長ネギ(白い部分) 5cm×2~3本

※長ネギの代わりにフェンネルでも。
  ホールタイプなら 小さじ1/4~1/2

酢醤油
(醤油:酢=1:1または1:1.5 お好みで)




<作り方>

①蒸し器にお湯を沸かします。


お魚はうろこ、えら、内臓をとり、
きれいに洗います。
おなかの中に膜や血が残っていると
雑味の原因になるので
竹串等できれいに取ると良いです。

お店では
えらと内臓を取ったものが
売られていますが
中の処理は自分で。
また、
うろこも全てとられていないので
頭頂部、頬、背中や腹部のひれの周囲、
胸びれの裏、尾の付け根など
気を付けて取ると良いです。

慣れていない場合は、
お魚の処理が済んでから
お湯を沸かし始めると
良いかもしれません。



お魚のおなかに
長ネギをつめ
顔を左にむけて
蒸気の立った蒸し器に入れ
強火で7分~10分蒸します。

フェンネルを使う場合は、
お魚の上面全体に
ぱらぱらとふりかけて
蒸します。






蒸しあがったら
長ネギやフェンネルを除き
酢醤油をかけて頂きます。
















余裕があれば
新しい長ネギを細切りにして
蒸しあがったお魚にのせ
熱したごま油を
ネギに回しかけると
ちょっと本格的になります。





ひらあじ

















【レンジの場合】

夏の暑い日や
コンロがあかない時は
レンジで簡単に。

平らなお皿より
深さのあるお皿に
長いネギを並べ
その上にお魚をのせます。
お魚のお腹にも
ネギを入れておきます。

ラップをふんわりかけます。
対角線に2か所
空気の逃げ道として
あけておくと良いです。

レンジ500Wか600Wで
7~8分程加熱します。

加熱後、ラップをしたまま
5分程蒸らします。

ラップをはずし
ネギを取って完成。





更新 20160709

 



 







0 件のコメント:

コメントを投稿