2016年10月23日日曜日

No. 204 カレイのムニエル +ちょこっとサラダ

 

 



新鮮なカレイが
手に入ったら
ムニエルにせずには
いられない。

他のお魚の皮は
あまり食べないけど
ムニエルにした
カレイの皮は
おいしいと思う。

簡単すぐにできるのに
調味料も
ほとんど使わないのに
このおいしさ。

臭みもないし。
骨も少ないし。

淡白な白身の中に
満たされた旨みと
ジューシーなお魚の油。

やっぱり
カレイの実力はすごいと
実感するひと品。

上半分は塩こしょうで
下半分はレモンソースで
頂くのがいつもの食べ方。

付け合わせは
さっぱりした
お野菜のサラダが
良く合います。


塩・こしょうは
食べる直前にふると
減塩に。



減塩しない時は
薄力粉をつける前に
塩・こしょうをふって下さい。






<材料> 

☆カレイのムニエル 1食分

カレイ 切り身 1切れ
薄力粉 適量

マーガリンまたはバター 5g×2
レモン汁 大さじ1
塩・こしょう 適量


☆きゅうりと玉ねぎのサラダ 2食分

玉ねぎ 50g
きゅうり 50g

だし汁 大さじ1
お酢 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
塩・こしょう 適量



<作り方>

①カレイはうろこと内臓を取り
きれいに洗います。


表面全体に薄力粉をつけ
余分な粉を落とします。

側面も忘れずに。




②フライパンか鍋を
強めの中火にかけ
マーガリン5gを
入れて溶かし
底面全体に馴染ませます。




③カレイを焼きます。

盛り付けた時に
上になる面を
下にして入れ
マーガリンをなじませるように
フライパンを揺らします。
(焦げ付き防止のため)

ふたをして2~3分焼き
片面に焼き色がついたら
ひっくり返して再度ふたをし
弱めの中火にして
3~4分焼きます。


火が通ったかどうか
心配な時は
一番厚い部分に
竹串をさしてみて
すっと通れば良いです。



④焼いている間に
付け合わせの準備をします。


今日は
きゅうりと玉ねぎのサラダ。


玉ねぎは細切りにして
レンジ可能容器に入れ

ふたをして
500Wで2分加熱します。

その間に
きゅうりを
5cmくらいの長さの
細切りにして
水気を絞ります。



玉ねぎは加熱後
水を入れて
軽くもみ洗いし
水気を絞ります。



ドレッシングの材料を
良く混ぜ合わせます。

きゅうり、玉ねぎ、
ドレッシングを合わせて
良く和えます。



お野菜の
水気を絞っているので
2~3分で
味がなじみます。





⑤カレイが焼けたら
取り出して
ソースを作ります。

カレイを焼いたフライパンを
弱めの中火にかけ
マーガリン5gを入れて溶かします。

マーガリンが溶けたら
レモン汁を加えて
木べらでよく混ぜながら
ひと煮立ちさせ
すぐに火からおろします。

お皿にソースを入れて
その上にカレイをのせ
カレイに塩・こしょうを
少しふって
付け合わせを添えます。

今日は
頂きものの
枝豆も一緒に。

 


 




更新 20161206

 



0 件のコメント:

コメントを投稿