2017年4月6日木曜日

No. 247 上生菓子(主菓子)桜 (型抜き)



ういろう生地を
野菜の桜型で抜いて
さくらあんをサンド。

やさしい桜色の和菓子です。

お花見の季節に。



もうひとつのバージョンはこちら。
桜花を形成する主菓子です。
http://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2012/03/no-61.html





<材料> 4~5コ分

白あん 50g
上新粉 10g
水 20ml(20g)

片くり粉(打ち粉用) 大さじ2くらい

好みのあん 50g
桜葉のみじん切り 2.5g

食用色粉(赤) 少々
溶く水 はしの先から垂らして2滴ほど



<作り方>

①さくらあんを作ります。

 桜葉はぬるま湯につけてミョウバンを抜いてから絞って水気を切り、
 みじん切りにします。

 白あんに桜葉を混ぜ込みます。

 生地が均一になったら、小皿に食用色素少々に水を1滴たらして溶き、
 生地に少しずつ混ぜ込み、好みの色にします。


 あんを4~5コに分けておきます。
 今回は4コ。





②ういろう生地を作ります。

  レンジ対応容器に白あん・上新粉・水を入れてよく混ぜます。

  生地が均一になったら、小皿に食用色素少々に水を1滴たらして溶き、
  生地に少しずつ混ぜ込み、好みの色にします。



  ふたをせずレンジ500Wで1分30秒加熱します。

  

  加熱むらができているのでよく混ぜます。

  もう一度レンジ500Wで30秒加熱してよく混ぜます。
  水分を飛ばすつもりで、ヘラなどで良く練ります。




  トレイか台の上にラップをしき、片くり粉大さじ1を広げて
  その上にういろう生地をへらで取り出します。




  残りの片くり粉大さじ1を上からうすくまぶしながら
  
  めんぼうで5mmの厚さにのばして、型で抜きます。
  1コあたりに上下2枚使用。

  今回は8枚抜いて、余りが少し。




③ういろうの桜2枚であんをはさみ、中央を軽く押してなじませます。






 
 

 
 
 

 
 
 

 

 

 

 

 

 



0 件のコメント:

コメントを投稿