2012年1月22日日曜日

No.3 ぎゅうひ だいふく  桜もち



こちらは桜もち。
手作りぎゅうひで簡単にできますよ。



和菓子の代表。ぎゅうひをつかったお菓子。
まずは基本のぎゅうひレシピ。
レンジですぐにできちゃいます。



<ぎゅうひの材料>

白玉粉 50g
 さとう 大さじ1
   水 80ml

かたくり粉 大さじ2~4


<ぎゅうひの作り方>

① レンジ対応容器に、白玉粉+さとう+水を入れ、
  へらでまぜて、粉類をよく溶かします。

  白玉粉とさとうをまぜてから、
  水を少しずつ加えると、まぜやすいです。






② ふたをせずに、レンジ(500W)で2分
  取り出すと、加熱むらができているので、


すぐにはしやへらで良く混ぜます。



  
  加熱したお餅のようなやわらかさがベスト。
  やわらかすぎなら、30秒~40秒くらい様子を見て再加熱して下さい。
  
  冷めると固くなるので、加熱しすぎないよう、ご注意下さい。



③ かたくり粉をボールの壁や生地の表面にまぶしてから









へらや包丁で必要な個数に分けます。


  
  このとき、最初に、はしについた生地を
  かたくり粉をまぶしながら指でこそぎ取り、
  その後、へらでボールの側面をこそぐようにして
  生地をラップなどの上に取り出し、
  再度へらにかたくり粉をつけてから、
  へらで生地を切ると、うまくいくと思います。

  かたくり粉は、生地の中に混ぜ込むのはなく、生地のまわりにまぶす感じで。
  まぶす量は、けっこうたっぷりですが、それで大丈夫です。



  


ぎゅうひのできあがり。

できたら、余分なかたくり粉はやさしくはたいておとし、
すぐに食べない時はラップにくるんで冷凍。

このままでも、ほんのり甘くておいしいですよ。

温かい日本茶とどうぞ。


せっかくぎゅうひを作ったら

まずはだいふくがおすすめ!
あんを包むだけです。
で、これをフライパンやオーブントースターで焼き色をつけると、
太宰府名物、梅ヶ枝餅になります。



<だいふくもちの材料> (直径約5cm × 6コ)

上記のぎゅうひの材料
あん100g 

※ あんは、市販のもので大丈夫です。
  こしあんでもつぶあんでもお好みでどうぞ。
  私は油分・糖分・塩分控えめのものを手作りで常備しています。
  後日レシピアップします。

<だいふくの作り方>

① ぎゅうひを作る。
② あんを6等分する。

③ ぎゅうひであんを包む。

 


  できあがり~!
  手作りだからこそ味わえるこのやわらかさ!
  お茶と一緒に召し上がれ。



 ※ これにいちごを入れるといちごだいふくになります!
   フルーツだいふくが好きな方、お好みのフルーツをいれて楽しんで下さい。


レシピNo.  44に、もも大福があります。



レシピNo.86 さつまいもあんをつつんで
さつまあんだいふく







次は 応用篇。桜もち!

<桜もちの材料> (直径約5cm × 6コ)

上記のぎゅうひの材料
食用色粉(赤)  ほんの少し(スプーンの先端2mmくらい)
桜の葉の塩漬け 8~10枚
       あん 100g


① 桜あんを作ります。

  桜の葉の塩漬けは、水で良く洗い、キッチンペーパーでふきます。

  6枚は、仕上げにぎゅうひを包むためにとっておきます。

  2~4枚をみじん切りにして、あんに混ぜ込みます。

  味をみながら、お好みの香りになる量を加えて下さい。

  ※ 味見をしすぎると、あんがなくなっちゃいます。

  ※ 塩味が足りない人は、塩をお好みで追加して下さい。
  桜あんを6等分して俵型にまるめておきます。

② ぎゅうひの材料に、食用色粉を加え、よくまぜます。

  この時、色が薄くても、後で濃く発色するので、入れすぎ注意。

  ほんのりピンクの桜色にするには、ほんの少しで良いです。

  1度うまくいかなくても、何回か作っているうちに慣れてきますから、
  ご自分の好きな色と量を見つけて下さいね。

③ あとは、基本の作り方で、ぎゅうひを作ります。

④ ぎゅうひを広げて、中央に桜あんをのせ、くるりと巻きます。
  それを、桜の葉でまいて、できあがり。



 桜の色と香りにいやされて下さい。 



もち生地だけでも
あんを包んだままでも
冷凍できます。
 
 
 
 
 
 
更新 20170506
 
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿