2016年10月14日金曜日

No. 200 りんごのケーキ +α





りんごのケーキを
作りましょう。

お店に
りんごがたくさん並んだら
心はもう
アップルパイやケーキの
甘い香りでいっぱい。

早速
袋入りを買って
わくわくする。

この秋最初の
りんごのお菓子は
何にしようかな。

パイやタルトも
捨てがたいけど
今日はケーキ。

りんごには
シナモンを利かせて。

端っこがさくさくで
中はしっとりが良いな。

「端っこ」と言えば
向田邦子さんの随筆で
普段はこわいお父さんが
何でも真ん中が好きなのに
海苔巻きだけは
端っこが好きだったという
あのくだりがお気に入り。

私も海苔巻きの端っこが
好きなひとり。

海苔巻きの端っこが好きな人は
きっとこのケーキの
端っこも好きだと思う。

マドレーヌの生地に
たっぷりのりんごをのせて
焼き上げたケーキは
秋が嬉しくなる味。

まずは
焼きたてを
食べてほしいな。

紅茶が似合うケーキです。

そして翌日は
更に味がなじんで
しっとり感もアップ。

コーヒーと一緒にどうぞ。



マドレーヌ生地は
お好きなものをどうぞ。

今日はシンプルな生地を使用。

アーモンドプードル入りなら
さらにコクが出ます。



りんごの甘煮の詳しいレシピはこちら
http://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2012/11/blog-post.html

マドレーヌのレシピはこちら

シンプル
http://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2016/03/no-180part2.html

アーモンドプードル使用
http://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2013/01/no-92.html


控えめレシピは
甘さ控えめなので
甘くする場合は
砂糖を2~3倍にしてください。



<材料> 14cmのパイ皿1枚分

☆りんごの甘煮
りんご 正味200~250g
砂糖  20~25g(りんごの10%)
レモン汁 大さじ1
シナモン 小さじ1/4~(お好みで)

☆マドレーヌ生地
マーガリンまたはバター 40g
砂糖 15g(りんごと合わせるので控えめに)
たまご 1コ
薄力粉 40g
ベーキングパウダー 小さじ1/4




<作り方>
①りんごの甘煮を作ります。

りんごは可食部のみを
200~250g
2cm角に切ります。

レンジ可能な容器に
りんごと分量の砂糖を入れ
容器を振るかはしなどで混ぜ
砂糖をりんご全体に
行き渡らせてから
ふたをするか軽くラップをして
レンジ500Wで3~4分加熱します。

その間に
型にオーブンシートを
しいておきます。



レモン汁を全体にかけて
はしなどで混ぜ
ふたを少しずらしてのせ
粗熱が取れるまで
そのまま冷まします。

※りんごの水分が
出ていますが
捨てずにそのまま
置いておきます。
冷ますと
煮汁の量は
50mL以下に
減ります。

冷めたら
シナモンをふります。



②マドレーヌ生地を作ります。

陶器の器にマーガリンを入れ
レンジ500Wで30秒加熱します。

オーブンを180℃に予熱します。

ボールに砂糖とたまごを入れ
はしで良く混ぜます。

溶かしたマーガリンを加えて
はしで良く混ぜます。

薄力粉とベーキングパウダーを
合わせてふるい
生地に入れて
はしでぐるぐると混ぜます。

混ぜ過ぎると粘りが出るので
粉の白い色が消えたらストップ。




③型に生地を流し入れます。


りんごを全体に広げてのせます。
りんごの煮汁も入れます。




④180℃のオーブンで
25~35分焼きます。

途中15~20分くらいで
焼き色がついて来るので
好みの焼き色になったら
アルミ箔をかぶせて
焦げるのを防止します。






焼きたての端っこを
ぜひ食べてみて。

 


 


翌日食べる分も
残しておいてね。





【もものケーキ】
上記りんごの甘煮のかわりに
ももの缶詰を使って簡単に。

ももはお好みの形に切って並べ
同様に焼きます。

生地に火が通りやすいように、
ももをしっかり底の方まで押し込むのがポイント。









他にも、洋ナシの缶詰でもおいしいです♪



 


更新 20170524
 

 



0 件のコメント:

コメントを投稿