2017年6月20日火曜日

No. 264 ねりきり あじさい

 


6月。
あじさいが急に存在感を増して
あちこちで目を引くのが楽しい。

雨が似合う花。
だけど
雨上がりの光はもっと似合う花。

あじさいはやっぱり
雨上がりが一番美しいと思う。

今日はそんなあじさいを
ねりきりで味わいます。




ぎゅうひの作り方参考レシピはこちら
http://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2012/01/blog-post_6235.html


白あんの作り方参考レシピはこちら
http://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2012/02/no-20.html




<材料> 3コ分

白あん 100g
ぎゅうひ 10g

食用色素 赤、青
抹茶


<作り方>

①ねりきり生地を作ります。

白あんを耐熱容器に入れてレンジ600Wで
1分半~2分様子を見ながら加熱し
水分を飛ばしてから(手につかないくらい)
ぎゅうひを練り込みます。



②生地8等分して丸め、乾燥しないようにラップをかけておきます。



3つは中あんにします(そのままの状態)。


1つは抹茶を少々混ぜ込み、3等分して葉っぱにします。
葉っぱの形にのばしてナイフで葉脈をつけます。



あとは花びら用です。
3つをそれぞれ赤、青、紫に染めます。
※紫は、赤+青で作ります。

写真↓はアングルの関係で大きさが違って見えますが
基本的には同量で同じ大きさです。


残りの1つはそのまま(白)で3等分して、それぞれ赤、青、紫の生地に重ねます。
練り込まず、ただ重ねるだけです。
白を入れることで、色合いがやわらかくなり
あじさいの色とりどりの花びらの雰囲気が出やすくなります。


④みそこしなどの網目を利用してそぼろを作ります。

白い方を下にして生地を
網の内側(下)から外側(上)へ押し出し
はし等でそっとこそげ取り(潰さないように)
お皿の上に広げておきます。

※そぼろにする作業は少し時間がかかるので
生地が乾燥しないように注意します。

そぼろにする前の生地にも
そぼろにもラップをかけておきます。

※小さい範囲より広く伸ばすようにして
短い(3~5mm)そぼろをたくさん作ります。



⑤そぼろができたら
中あんのまわりに丁寧につけていきます。


葉を添えてできあがり。



 
 
 

 

 

 

 

他のねりきりはこちら。

基本
https://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2012/03/no-45.html

桃の花
https://kaijuku-mina-sensei.blogspot.jp/2017/03/no-231.html




0 件のコメント:

コメントを投稿